12月の定休日

いつも富永理容室をご愛顧いただきありがとうございます。

12月の定休日は 
4日・5日・12日・18日・19日・26日です。 

http://tanakatyou.web.fc2.com/tominaga.html


旧暦12月を師走、師馳(しわす、しはす)または極月(ごくげつ、ごくづき)と呼び、

現在では師走は、新暦12月の別名としても用いられれます。

12月は仏事で坊主が慌ただしく駆け回る事、

師匠も忙しく仕事を納める様などが由来と言われます。

那珂湊では12月22日から「暮市」が始まります。

「暮市」が始まるころには「那珂湊おさかな市場」も賑わい、車も渋滞します。

ひたちなか観光協会HP

【那珂湊おさかな市場】周辺渋滞時の迂回ルートについて
http://www.city.hitachinaka.lg.jp/kanko_site/4/hitachinakagurume/4698.html
をご参照ください。

ひたちなか海浜鉄道利用では 那珂湊駅からおよそ徒歩15分です。

20161230.jpg


なお「ひたちなか海浜鉄道」では「初日の出・初詣列車~急行あじがうら号」が運行されます。

阿字ヶ浦海岸や磯埼灯台からの初日の出、沿線での初詣に最適な列車です。

http://www.hitachinaka-rail.co.jp/blog/2017/11/29/5491.html


2017年の二十四節気のひとつ「大雪」は12月7日

もうひとつは「冬至」で12月22日です。

1年で最も日が短いということは、翌日から日が長くなっていくということ。

冬至といえば、かぼちゃと柚子(ゆず)湯! 

冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。

にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……など「ん」のつくものを運盛り といい、縁起をかついでいたのです。

柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが、

もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられています。

また、柚子は実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。

一般的には、風邪をひかないためや語呂合せと言われていますが、

元気に冬を越すためにも大いに役立ちます。

健康に留意して素敵なお正月が迎えられるようお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunnya

Author:bunnya
かみやのブログへようこそ!
富永理容室を中心にご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様
リンク
検索フォーム
QRコード
QR